株式会社 松永製作所 様へお邪魔いたしました。

株式会社 松永製作所 様へお邪魔いたしました。

先日、岐阜県障害者雇用支援センター様のご紹介で、車イス専門メーカーの松永製作所様(岐阜県養老郡)へお邪魔いたしました。

弊社では、車イス搭載車両を代車としてお貸しする時、安全にお乗りいただくため正しい使用方法を必ずお客様にお伝えすることを心がけています。車種によって使い方が様々ですので、お貸しする前に社内で福祉車両に車イスを乗せたり降ろしたりするシュミレーションをしています。もちろん、社員が車イスに乗って、もう一人の社員が介護人役をしています。

車イスのハンドルを握りながらスロープから降ろす、ハンドルのブレーキを握って車イスのロックをかける、固定装置のベルトを外す、これがなかなか大変な作業なのです。車イスを手で支えながら、あれもこれもとやらねばならず、もし介護人がお年寄りだったら疲れてしまうだろうと思っていました。手がもう一本あれば楽にできるのに・・・・。

そんなとき、松永製作所様へご訪問し、車イスのことを勉強させていただく機会を頂戴しました。常務取締役を始めとする4名の社員様にお時間を取っていただき、車イスと福祉車両の関係、車イスを福祉車両にのせて送迎業務をした時の実際の事故事例、最新の車イス事情などお話くださいました。また、車イスを利用する社員の方の活躍ぶりもご紹介いただき、障害者雇用についても大変に参考になりました。リオパラリンピックにおいては、車イス利用選手のメカニックとして随行した社員様もいらっしゃるとのことで、車イスユーザーにとって本当に頼りになる存在なのだと感じました。

松永製作所様のお作りになる車イスが、障害を持つ人たちの世界を広げていることを感じました。私たち福祉車両総合支センターも、扱う商品は違えど、障害をお持ちの方の幸せを願って活動しています。同じ岐阜の地で、心強い企業様とご縁をいただきました。

株式会社 松永製作所 様、今後とも、どうぞよろしくお願いいたします!


株式会社福祉車両総合支援センター